Vラインの処理

アンダーヘアとひと言でいっても、実はいろいろな部分に分けられるデリケートゾーン。

狭いエリアですが、複雑且つデリケートな部分で
個人の悩みの差も激しいことから細かく部分分けされています。

ビキニラインの画像

その中でも、一番女性で悩みを抱える人が多い部分と言えば、Vラインのアンダーヘアのむだ毛です。Vラインとはどの部分をさすかというと、太もも全面の足の付け根部分です。少し難しい言葉で、鼠径部と呼ばれる部分です。
ちょうど、ビキニやショーツをはいたときの裾の部分にあたることから、ビキニラインとも呼ばれます。Vラインは、ちょうど鼠径部の部分がV字状になっていることからVラインと呼ばれます。

アンダーヘアの面積が広い人や、まばらに生えている人は、ショーツやビキニをはいたときに、アンダーヘアがはみ出してしまいます。

更衣室やレジャーなどで、Vラインは他人に見られてしまう機会が多いので、デリケートゾーンの脱毛の中でも、Vラインの脱毛をしている女性は多いです。見られる部分でもあるため、自己処理を繰り返す人も多いです。

ですが、ショーツなどで擦れる部分でもありますから、あまり自己処理を繰り返してしまうと、毛穴が目立ったり、炎症などのトラブルが起きてしまいます。自分でも見える部分ですから、ピンセットで抜いたりする人もいますが、先々色素沈着などのトラブルを抱えてしまいやすいです。

アンダーヘアの処理でも比較的自分で出来てしまいやすい部分の割に
トラブルを起こしやすい部分であるのが、Vラインです。

Iラインの処理

アンダーヘアの毛量は、人によって異なります。
非常に少ない女性もいれば、男性のように濃い女性もいます。

比較的毛が濃い女性にとって、気にしてしまいがちなのはIラインの脱毛です。
Iラインはあまり聞かない部分かもしれませんね。
Iラインはどこの部分に当たるかと言うと、Vラインとおしりとの間の部分です。

Iラインの施術風景

要するに、膣口まわりのアンダーヘアを刺します。とてもデリケートな部分ですので、『本当に脱毛したい女性がいるの!?』と驚いてしまう人もいるかもしれません。
ですが、毛が濃い女性にとっては、女性として非常に大きな悩みを抱える部分でもあります。本当に悩んでいる人は、迷わず処理したくなる部分です。

Iラインのアンダーヘアの処理を望む女性の意見としては、まずひとつに衛生的な問題を抱えているケースです。Iラインの毛の量が多いとムレやすくなります。そうすると、肌が弱い人にとってはかぶれたりしやすいです。また、パートナーへの配慮として、という理由の人もいることでしょう。

Iラインのアンダーヘアの処理は、非常に難しい部分です。自己処理で剃ることは不可能ではありませんが、不自然になってしまうことがほとんどです。

Iラインの毛は、やはりワックス脱毛かサロン脱毛、医療脱毛が適当でしょう。部分的にどんな脱毛方法でも痛みを感じやすいですが、一度綺麗にしてしまえば、とても快適なのが実感できる部分です。

Oラインの処理

アンダーヘアの処理は、VラインとIラインだけではありません。
フロント部分ばかり気にしてしまいがちですが、実際に悩んでいる人は、それだけではないのです。

デリケートゾーンがツルツル

アンダーヘアが濃い人は、実はその毛がお尻の方まで生えてしまっているのです。要するに、フロント部分から後ろまで続いているということです。ということで、アンダーヘアが特に濃い人であれば、肛門周りまでも生えている人もいるのです。その肛門周りの部分をOラインと呼びます。OラインのOは、ちょうど肛門周りのエリアがO字状になっているので、そのように呼ぶのでしょう。

Oライン、気にしたことがあるでしょうか。アンダーヘアがそこまで濃いと感じないようであれば、Oラインまでも気にしたことはないかもしれません。ですが、Iラインを気にして脱毛をしている人は、Oラインまでも脱毛する人が多いようです。Iラインだけ綺麗になって、Oラインに少しでも毛が残っていると、逆に気になりますからね。

エタラビの予約は、取りやすくなりました

しかしOラインは自己処理が非常にしづらい部分です。
剃ろうと思っても、目で確かめながら剃ることが出来ませんし、剃りにくい部分です。
手探りで処理するのには、非常に危険です。

そうなると、やはりOラインもワックス脱毛か、サロン脱毛、医療脱毛がよいでしょう。
デリケートゾーンをとことん綺麗にしたいのであれば、Oラインまでしっかりお手入れできていれば完璧ですね。